『Simplicity2』はアプリ開発者がおすすめするWordPressのテーマです

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressのテーマって沢山ありすぎて何を選べばいいかわからない!!

初めてWordPressに挑戦する場合、このテーマ選定に時間を奪われます。

テーマの選定に失敗した場合、貴重な時間を無駄にしてしまう事になります。

シンプルを追求したワードプレスのテーマ

おおっ!!

おめでとうございます。
ついに目的のテーマを発見しました。

その名も『Simplicity2』です。

Wordpressテーマ「Simplicity(シンプリシティー)」を作成しました。 Simplicityには主に、以下の7つの特徴があります。 シンプル 内部SEO施策済み 拡散のための仕掛けが施されている 端末に合わせた4つの
Simplicity には、「Simplicity1」と「Simplicity2」があります。『今後は機能追加と不具合修正は、Simplicity2のみに行っていきます。』という開発者様のコメントがありましたので「Simplicity2」を採用しました。

Simplicity2 がおすすめな理由

特に気に入った点は以下になります。

  • デザインがシンプル。(ごちゃごちゃしていない。)
  • テーマ内でSEO施策がされている。(プラグインが減らせる。)
  • SNS関連の仕掛けがテーマ内で提供されている。(プラグイン不要。)
  • カスタマイズがしやすい。(テンプレートファイルが細分化されている。)
  • XServerとの相性が抜群に良い。(製作者がXServerを利用しているため。)

先日テーマを切り替えたばかりなので
うまく表示されない箇所がいくつかありますが
記事がとても見やすくなり、大変満足しています。

文章の装飾が素敵

私はHTMLにあまり詳しくないため、文章の見栄えを調整するために
毎回ネットからタグやスタイルの書き方を調べており、とても大変でした。

ですが、『Simplicity2』にしてから、とても楽になりました。
だって、こんなにたくさんの装飾がボタン一つで行えるんです。
たくさんの文章装飾ボタン

太字
赤字
太い赤字
赤アンダーライン
黄色マーカー
黄色アンダーラインマーカー
打消し線
バッジ
キーボード

補足説明(i)
補足説明(?)

便利すぎる!!!!

テンプレートファイルがこんなに細分化

参考Simplicityテーマのファイル構造について説明

他人のソースを修正する場合、時間をかけて理解してから修正する分には
問題ないですが、あまり時間をかけずにガッと修正したくなるのが個人開発です。

そうした場合、予想外の場所に修正内容が適用され、バグとなる。
あるあるですね。

その点、『Simplicity2』
テンプレートファイルが60個以上に分割されています。
標準のテーマだとテンプレートファイルが大体20個くらいです。
なので、およそ3倍に増えてますね。

ファイルが細分化されているため
修正した内容が想定外の箇所に影響するようなバグは
発生しにくいと考えられます。

ファイルが細分化されているから
どこを修正すればいいか分かりにくいんじゃない?
と考えた人、賢いですね。

でも大丈夫。
上記公式ページにて、どのような時に使用されるテンプレートファイルなのか
とても丁寧に説明されています。

まとめ

まだ『Simplicity2』を利用してからの日が浅いため
メリット、デメリットの整理ができていない状況です。

ですが、このテーマで間違いない。という謎の自信に満ち溢れています。
しばらくたってテーマが変更されていたら笑ってください。

テーマの選定が終わったら早速コンテンツの制作に取り掛かりましょう。

稼ぐブログの価値ある記事の書き方
ブログを始めて、まだ2か月くらいの超初心者である私こと会社員 Shira が、ブログで稼ぐための価値ある記事の書き方を偉そうに語ります。 ...
The following two tabs change content below.
会社員Shira
IT系の会社員。1978年生まれ。個人開発でAndroidのアプリをリリース、総ダウンロード数は70万くらい。36歳で初めての転職、未経験のweb業界で日々悪戦苦闘してます。
スポンサーリンク
広告
広告

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂けると嬉しいです。

フォローする