『シューティングゲームで稼ぎを求めるのは間違っているだろうか』がオススメ

この記事は約 6 分で読めます。

シューティングゲームで稼ぎを求めるのは間違っているだろうか?

すみません。

そんなこと、私には分かりません。

ですが、今回ご紹介させていただく Android の無料アプリ『シューティングゲームで稼ぎを求めるのは間違っているだろうか(略称:シューまち)』は熱いゲームです。

このレビュー記事を書くために、毎回ゲームを起動してちょっと動作を確認。

とやってるつもりが、いつのまにかゲームに夢中。

執筆が進まないという迷惑な話です。

スポンサーリンク

ゲーム説明

Android の無料アプリ『シューまち』は、レトロ風わりと本格弾幕シューティングゲームです。

自機はよくある飛行機のような機械ではありません。

RPGに出てくるような勇者です。

この勇者が実はロボットとか言われたら困りますが、おそらく屈強な人間です。

プレイ動画

どのようなシューティングゲームなのかを理解するには動画を見るのが一番。

ってことで、プレイ動画を張っておきます。

本格弾幕シューティング

シューまち 弾幕すごい

動画と上の画像を見れば分かりますが、敵の弾が半端ないです。

巷では、こういうのを弾幕シューティングゲームと呼ぶのでしょうか?

私はこのようなシューティングゲームを初めてプレイしました。

こんな大量に降ってくる弾をどうやって避けるんだ?

と、プレイしてたのですが、意外とぎりぎり避けれます。

むしろギリギリで避けることに快感を覚えます。

弾幕シューティングゲームをプレイしたことがない人には、是非この快感を味わってほしいです。

操作方法

主婦Chima が初めてアプリを起動した直後、どのようにゲームを始めるのか聞いてきたので、ゲームの始め方のみ軽く説明します。

シューまち スタート方法

アプリ起動直後の画面です。

この「START」ボタンをクリックするとゲームが開始されます。

ゲームが始まってしまえば難しい操作は一切ないため、操作方法など意識せず直感で遊べると思います。

ピックアップ

注目すべき点を独断と偏見でピックアップします。

ユーザ評価が高い!!

現在『シューまち』のダウンロード数は、1,000~5,000となっていますが、レビュー評価はこの通りです。

シューまち レビュー評価

このダウンロード数で、このレビュー人数、及び 4.6 という評価結果。

半端なく評価高いです!

同じ個人開発者としてジェラシーを隠しきれません。

コメント内容も一通りチェックしましたが、桜はいませんでした!

みなさん「最高!」「おもしろい。」「楽しい!」とコメントしております。

私もその通りだと思います。異存はありません。

ちなみに見慣れない言語のコメントもありました。

「好玩 這遊戲做真好」

グーグル翻訳した結果、中国語で

「素敵行うには、この楽しいゲーム」

とのことです。

主人公キャラクターが増える

ゲームを進めていくと、使用できる主人公キャラクターが増えていきます。

私はステージ 3-6 まで進めたのですが、以下の通り5人から選択できるようになりました。

シューまち プレイヤー1

最初から選択できる主人公です。

私はこのキャラばっかり使用していたので、ちょっと愛着があります。

シューまち プレイヤー2

二人目に追加される主人公です。

前方に強力なレーザーを発射します。

初期の主人公と比べて、硬い敵を消滅させるのが早く爽快です。

シューまち プレイヤー3

三人目に追加される主人公です。

このキャラはとても弱く感じました。

あまり使われることはなさそうなので可哀そうです。

シューまち プレイヤー4

四人目に追加される主人公です。

このレーザーは追尾型となっており、かなり強いです。

また、ついでに飛び出る蝶々も追尾型で、弾を避けてるだけで敵が勝手に死んでいきます。

シューまち プレイヤー5

五人目に追加される主人公です。

この斧は敵を貫通するようで結構強いです。

また、自分の周りを小さい斧がグルグル回ってバリアの役割を果たします。

まだまだ増えそうな雰囲気です。

そのうち、全キャラクターを使えるようしたいと思います。

育成機能が嬉しい

シューまち』では、育成機能もあります。

プレイする度に経験値がたまっていき、主人公毎にレベルが上がっていきます。

今までクリアできなかったステージもレベルを上げて再チャレンジ、クリアすることが可能です。

ゲーム難易度

隣で見ていた七歳の娘が「やらせて」と必死に頼んでくるので3回程やらせてみました。

結果、一度もステージをクリアすることはできませんでした。

7歳の娘には難しいゲームのようです。

私がプレイした感じ、10回やって2回くらい死ぬ感じ。

簡単すぎず、難しすぎない、絶妙なゲームバランスだと思います。

レベルを上げることによって、そのうち七歳の娘もクリアできる日が来るのかもしれません。

課金システムが画期的

開発者に飯を奢るというフレンドリーな課金システム。

シューまち 課金システム

以下の飯が選べます。

  • カレーライス 490円
  • とんかつ 980円
  • 寿司 1480円
  • ピザ 1960円
  • ステーキ 2950円
  • うな重 4920円

最近iosでリリースされた任〇堂のマリ〇ランでは、全てのステージをプレイするためには1200円の課金が必要となっており、一部のユーザーから激しいブーイングがありました。

それを考えれば、この課金システム。

とても画期的だと思いました。

私が〇天堂役員ならば、マ〇オランも同じようにキノコを奢る課金システムにします。

なお、飯を奢った見返りは。。。

あなたのその目で確かめてください。

まとめ

如何でしょうか?

  • シューティングゲームは嫌いではない。
  • 今暇つぶしにやるゲームがなくて寂しい。
  • ドッチボールは受け止めるより、躱す(かわす)のが美学。
  • 飛行機よりも人形の方が好きだ。

上記に1つでも当てはまる あなた!

無料Androidアプリの『シューティングゲームで稼ぎを求めるのは間違っているだろうか(略称:シューまち)』を、是非こちらからダウンロードしてください。
Get it on Google Play

The following two tabs change content below.
会社員Shira
IT系の会社員。1978年生まれ。個人開発でAndroidのアプリをリリース、総ダウンロード数は70万くらい。36歳で初めての転職、未経験のweb業界で日々悪戦苦闘してます。
スポンサーリンク
広告
広告

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂けると嬉しいです。

フォローする