青梅市でドイツの食とビールを堪能。~OME OKTOBERFEST 2017~

この記事は約 6 分で読めます。

2017年の10月8日に東京都の青梅市で、ドイツの食とビールが堪能できる『OME OKTOBERFEST 2017~青梅オクトーバーフェスト2017~』が催されたので、家族4人で行ってきました。

ドイツのホストタウンとして、青梅市がドイツの食と文化を紹介するOME OKTOBERFEST(青梅オクトーバーフェスト)を開催します。

私はビールが大好きなので、本場ドイツのビールとソーセージに興味津々。

「実際にどんなビールや食べ物が堪能できるの?」

写真もいっぱい撮ってきたので、ご紹介したいと思います。

もうイベントは終わってしまいましたが、噂によると毎年開催されるっぽいです。

ドイツ旅行には金も期間も必要ですが、東京都の青梅市ならば、日帰り可能で安上がり。

「本場ドイツの食とビールを堪能したい!」

来年も開催されたら是非行ってみてください。

スポンサーリンク

青梅オクトーバーフェスト2017

こちらは会場で頂いたパンフレットです。

青梅オクトーバーフェストのパンフレット

食、文化、交流、一体性を体験できるイベントなんですね。

イベント会場は青梅市役所とその周辺で、JR東青梅駅から徒歩5分。

青梅駅ではなく東青梅駅なので間違わないように気を付けてください。

青梅オクトーバーフェストの地図

赤ちゃん休憩室や、子供用のプレイルームも用意されているため、家族連れの方には嬉しい限りです。

食レポ

それでは私が食べたものをご紹介いたします。

ドイツのステーキ

なんと屋台でステーキが販売されてました。

青梅オクトーバーフェストのビーフステーキ1500円

値段は1500円。

お祭りの出店で購入する場合、我が家では嫁に許可を貰い、家計のお金を出費して購入します。

流石に1500円は嫁の許可が得られる気がしない。

私は自分のポケットマネーから1500円支払い、ステーキを購入しました。

普段なら出店で1500円の食い物を買うようなチャレンジはしません。

でも今回はドイツのステーキが食べれるチャンスなんです。

今買わなきゃ、次食えるチャンスはないかもしれない。買わなきゃ後悔するでしょ、これ。

ってことで小遣いから1500円無くなりましたが、後悔はしてません。

青梅オクトーバーフェストのビーフステーキ縦向き

うまい。

普通に柔らかくてジューシーだ。

ただ、ドイツっぽさを全く感じない。

1500円の価値は充分にあるステーキであることは間違いない。

なにかやるせなさを感じた。

ドイツのベーコンステーキ

嫁がベーコンステーキを買ってきた。800円だったかな。

青梅オクトーバーフェストのベーコンステーキ800円

すげー分厚い、そしてでかい。

付け合わせはフライドポテトが主流なんですかね。

マックのポテトに近い感じで若干固め、慣れ親しんだ味わいです。

ベーコンステーキの方は、想像通り、当たり前にうまい。

でもドイツじゃなくても食えるんじゃないか、これ。

そんな邪道な考えが頭を横切る。

いや、普通に800円の価値は充分あると思います。

ただ、やるせなさを感じた。

本場ドイツのソーセージ

やはりドイツ特有の食べ物が食べたい!

周辺を見渡す。

青梅オクトーバーフェストの出店1

うん、ドイツっぽい店構えだ。

青梅オクトーバーフェストの出店2

そういえば、ソーセージも、ビールも買ってない。

本場ドイツの黒ビール

早速、本場ドイツの黒ビールを購入。

1200円⇒800円みたいな値段が書いてあったので、すごい得した気分。

これも嫁には言いにくかったのでポケットマネーで購入。

飲んでみたが、コクがすごい。

なにかよく分からないが、ドイツっぽい感じだ。

とても満足。

気の利いた嫁が本場ドイツのソーセージを買ってくる。

ソーセージはパン付きで600円でした。

本場ドイツのソーセージ1

おおっ!

昼間っから本場ドイツのビールとソーセージが堪能できるなんて、極楽じゃないですか。

このぶつ切り感がドイツっぽい気がする。

本場ドイツのソーセージ2

口の中にソーセージを入れ、一口噛むと、カレーのような味わいが一瞬ある。

なんか香辛料が入ってる感じなのかな?

後味でカレーを感じず、ジューシーなソーセージ。

そこに黒ビールを流し込む。

コクがすごい。

そして苦い。

だが旨い。

やっぱり、ドイツの食を味わいたいなら、ビールとソーセージが必要なようです。

子供向け

結構お腹がいっぱいになってきたので、子供たちが楽しめるスタンプラリーをやってみました。

スタンプラリー

会場の本部でカードを貰い、4か所くらいに配置されているスタンプを探して押下。

全部そろったカードを本部に渡すとクジが引けて、その結果に応じたHARIBOが貰えます。

あ、HARIBOってこういうグミのお菓子です。

家族4人分のカードでクジを引いたら、こんなに大量のHARIBOがゲットできました!

大量のHARIBOをゲット

プレイルーム

子供たちがスタンプラリーだけじゃ物足りなかったようなので、プレイルームにも行ってきました。

中にはドイツの絵本が大量に用意されていたり、子供でも楽しめるアナログの玩具が沢山ありました。

そこで発見した「皿回しセット」。

皿は割れないようにゴムっぽいやつで安全です。

これが結構大人もハマる。

メチャクチャ上手いおばちゃんが一人いて、お手本を見せてくれました。

できそうでできない皿回しマジック。

いい大人がみんな本気で皿を回そうと必死になってました。

で、うまく回せると周りから拍手が。

そんな謎の空間になってました。

食レポ(後半)

そろそろ帰ろうかと思ったのですが、折角だからもう少し食べてみることに。

瓶ビールをラッパ飲みしてる人を見かけて、すごい羨ましかった。

青梅オクトーバーフェストの瓶ビール

ってことで買っちゃいました。

勿論ポケットマネーで支払います。

もう金を払うことに抵抗がなくなってきました。

居酒屋でハシゴしてる感じですね。駄目な人間です。

牛肉の赤ワイン煮

青梅オクトーバーフェストの牛肉の赤ワイン煮

牛肉の赤ワイン煮という、とても旨そうなものを発見したので購入しました。

勿論ポケットマネーです。

手当たり次第欲しいものを物色します。

こんな無謀なことをすれば月末大変なのに、酔ってるせいか目先の物欲に抗えません。

青梅オクトーバーフェストの牛肉の赤ワイン煮2

牛肉がトロットロで旨すぎ。

赤ワイン味で大人の味なのですが、子供も喜んで食べてました。

一緒についているパンを汁に浸しながら食べると、まぁ美味しい。

ちなみに嫁はクレープを買って食べてました。

女性は本当、甘いものが好きですね。私もクレープ大好きですが。

あと写真を撮り忘れたけど、スペアリブも食いました。

肉が骨からポロット取れる感じで、とても食べやすかったです。

記念撮影

そろそろ帰ろうとしたところ、ドイツの民族衣装を着た女性の集団を発見。

折角だから子供たちと記念に写真を撮ってもらいたい。そう考えた。

だが明らかに日本語は通じなそう。

酔った勢いで

「Sorry. Take a picture OK?」

適当に言ったら通じた。

青梅オクトーバーフェストで記念撮影

ってことで記念撮影。

ドイツの方は気さくで優しい。

今度から困っているドイツの方がいたら助けてあげようと思いました。

青梅オクトーバーフェストで記念撮影2

オクトーバーフェストと言えばビールだそうです。

ビール好きにはたまらないイベントですね。

是非毎年開催して欲しいものです。

以上、『青梅市でドイツの食とビールを堪能。~OME OKTOBERFEST 2017~』の体験レポートでした。

The following two tabs change content below.
会社員Shira
IT系の会社員。1978年生まれ。個人開発でAndroidのアプリをリリース、総ダウンロード数は80万くらい。36歳で初めての転職、未経験のweb業界で日々悪戦苦闘してます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂けると嬉しいです。

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク