WordPress で最新エディター Gutenberg が利用できるようになったので試してみた。

この記事は約 4 分で読めます。

最近はめっきりブログを書かなくなりました。

それはなぜか?

答えは簡単で仕事が忙しいからです。

疲れて家に帰ってきて、明日もガッツリ仕事がある事を考えれば、PCを起動することすら苦痛なのです。

ブログって文章構成考えたり、画像を張ったり、タイトル考えたり、結構労力使います。

やってる方ならこの苦労、分かりますよね?

Gutenberg のインストール

でもWordPressでブログやってるので、たまには起動してバージョンアップとかしないとセキュリティー的にまずいじゃないですか?

プラグインの更新とかも溜まってるし、こういうのは更新しとかないとヤバいことになります。

ってことで久々にWordPressのダッシュボードを見てみたら、以下の画面が追加されていました。

Gutenbergのインストール実行ボタン

ぶっちゃけ1ヵ月くらい前から追加されていたのは知ってました。

なんか新しいエディターが使えるのか、ふむふむ。

でもこういうのって最初の頃はバグも多いし、使ってみたら不便でめんどくさいんじゃない?ってことで知らないふりしてました。

だがしかし

好奇心に負けてGutenbergのインストールボタンを押しました。

インストール自体はとても簡単。ポチっと押してしばらく待つだけで、新しいエディター Gutenbergが利用できるようになります。

Gutenberg とは?


Gutenberg は WordPress REST API、JavaScript、React を使って GitHub 上で開発されました。


Gutenberg  開発者

こちらのGutenberg公式ページに詳しいことが載っています。おそらくこのページで実際にエディタの操作性を検証することもできます。

記事の書き方は、ブロックという要素を追加、追加してコンテンツを構成していきます。

ブロックはテキスト、画像、リスト、テーブルなど、様々な種類があり、HTMLやCSSの知識不要、画面操作だけで自由自在にレイアウトすることが可能です。


今までのWordPressの常識を覆す

ユーザーインターフェース!

会社員Shira

一言で言えば、そんな感じです。

賢明な読者の方はお気づきかもしれませんが、この記事は 
Gutenberg を使って作成しています。

※上記画像みたいなブロックは リードコラムと言うものですが、これもササっと簡単に追加することができます!

スマホでの操作性

まぁPCは良さげなのが分かったけど、スマホでも記事がかけるのかな?

って気になりますよね?

実際に試してみました。

こんな感じです。

うん、いいね!

今までのエディタだと文字を入力して、文字を全部選択して、装飾ボタン押して、みたいな感じで、とてもじゃないけどスマホで操作する気はおきませんでした。

でもこれならやれそうです。新しいブロックを足す時も丸い+を押して選択するだけ、そこに文字を入力すればいい感じに装飾されます。

素晴らしい!

旧エディタには戻せない?

Gutenberg をインストールしたら、旧エディタは利用できなくなるのか?

大丈夫。

新規追加の投稿ボタン
新規追加ボタン

記事を新規作成する際に、利用するエディタを選択することができました。

公式ページにも以下の記載があります。安心してください。


Gutenberg は現在プラグインとして利用可能で、WordPress バージョン5.0で同梱される予定です。必要であれば、旧エディターもプラグインとして利用可能です。

https://ja.wordpress.org/gutenberg/

Gutenberg の総評

個人的には満足、とても良いエディターだと思います。

以下のような方にお勧めします。

  • WordPressで記事を書くのに疲れを感じる方
  • デザインに拘りたいけど、HTMLやCSSが苦手な方
  • 新しいモノが好きな好奇心旺盛な方
  • UI/UXを勉強中の方

以上、『WordPressで最新エディターGutenbergが利用できるようになったので試してみた。』でした。

The following two tabs change content below.
会社員Shira
IT系の会社員。1978年生まれ。個人開発でAndroidのアプリをリリース、総ダウンロード数は96万くらい。36歳で初めての転職、未経験のweb業界で日々悪戦苦闘してます。

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂けると嬉しいです。

フォローする