いつまで続く?夜泣き対策に無料Androidアプリの『夜泣きみまもりアプリ』がおすすめ

この記事は約 4 分で読めます。

いつもお世話になっております。7歳と3歳の二人の娘がいる会社員Shiraです。

最近上の娘が「まじ、きもいんですけどー。」みたいな言葉を発するようになって動揺を隠しきれません。

さて、今回ご紹介させていただく無料のAndroidアプリですが、個人的には2年前にリリースして欲しかった夜泣き対策にもってこいの『夜泣きみまもりアプリ』です。

スポンサーリンク

夜泣きみまもりアプリとは?

サングラスをかけた赤ちゃん

「みまもり」とは「見守り」のことです。たぶん「身守り」ではないです。

赤ちゃんがいるご家庭では、夜泣きに悩まされることは少なくありません。

「いつまで夜泣きが続くのかしら?」

「夜泣きの対処はどうしたらいいんだ?」

そのストレスが蓄積されることによって、育児ノイローゼになり、夫婦関係も壊す可能性があります。

それらを解消すべく、『夜泣きみまもりアプリ』は爆誕しました。

ただ一つの機能

夜泣きみまもりアプリ』を使うと、大きな音を検知して自動で赤ちゃんの泣き止み音を再生することができます。

とてもシンプルで分かりやすい機能です。好感が持てます。

赤ちゃんの声を自動検知

夜泣きみまもりアプリの待機画面

アプリ開発者様の話によると、「泣き止み音をただ再生するだけのアプリはたくさんあるのですが、赤ちゃんの声を検知して音を再生するアプリはまだありません。」とのことです。

この話が本当であれば、世界初のアプリということになります。

申し訳ありませんが、私自身で裏付けをとる調査はしておりません。なぜなら、無いことを証明するのはとても大変だからです。ご了承ください。

悪魔の証明とは、「ある事実・現象が『全くない(なかった)』」というような、それを証明することが非常に困難な命題を証明すること。例えば「アイルランドに蛇はいる」ということを証明するとしたら、アイルランドで蛇を一匹捕まえて来ればよいが、「アイルランドに蛇はいない」ということの証明はアイルランド全土を探査しなくてはならないので非常に困難、事実上不可能であるというような場合、これを悪魔の証明という。

上記は、以下のサイトから引用させていただきました。

「悪魔の証明」とは - devil's proof probatio diabolica 悪魔の証明とは、「ある事実・現象が『全くない(なかった)』」というような、それを証明することが非常に困難な命題を証明すること。例えば「アイ...

赤ちゃんの好きな8つの効果音

夜泣きみまもりアプリの設定画面

赤ちゃんが好きな音には個人差があります。

「テレビでビニール袋の擦れる音が良いって聞いたけど、うちの子には全然効かないわ。」

ってことは日常茶飯事です。

そんな多種多用なニーズに応えるべく『夜泣きみまもりアプリ』では、以下 8つ の音から BGM を設定できます。

1つだけ選ぶこともできますが、なんと複数の音を組み合わせた設定をすることも可能です。

  • 掃除機
  • 洗濯機
  • テレビの砂嵐
  • ビニール袋
  • ドライヤー
  • 心臓の鼓動音
  • 麺をすする音
  • オルゴール
主婦Chima
麺をすする音が、ラーメンなのかソバなのか気になるわ。
会社員Shira
そうだね。おそらく、うどんではなさそう。

利用する際の注意点

赤ちゃんの声をセンサーにより自動検知する機能がバックグラウンドで常時動作するため、バッテリーをしらないうちに消費することになります。

対策として充電しながら使うのがオススメです。

赤ちゃんがいない場合の利用方法

「大きな音を検知して自動で8種類のBGMを再生」。

このシンプルな機能を使って、赤ちゃんがいないご家庭でも有効活用できないか検討してみました。

防犯サイレン

一人暮らしの女性の場合、玄関に設置してみるのは如何でしょうか?

泥棒がドアをガチャガチャしたら、麺をすする音が「ずずっー」。私が泥棒だったら、怖くて侵入を諦めます。

寂しさを紛らわす

夜一人でラーメンをすすっていたら寂しい気持ちになるかもしれません。

そんなときはアプリを使って、麺をすする音が「ずずっー」。だれかと一緒に食べてる気になれます。

まとめ

如何でしょうか。

赤ちゃんがいるご家庭のあなたは当然インストールしますよね。

赤ちゃんがいないご家庭でも、想像力次第では充分強力なツールとして利用できるかもしれません!

夜泣きみまもりアプリ』は、こちらからダウンロード
Get it on Google Play

The following two tabs change content below.
会社員Shira
IT系の会社員。1978年生まれ。個人開発でAndroidのアプリをリリース、総ダウンロード数は70万くらい。36歳で初めての転職、未経験のweb業界で日々悪戦苦闘してます。
スポンサーリンク
広告
広告

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂けると嬉しいです。

フォローする